新潟市の肛門外科【松波クリニック】は男性・女性・子供も受診可能~肛門に負担をかけず排便する工夫~

新潟市の肛門外科にお尻にまつわる相談をするなら

新潟市の肛門外科にお尻にまつわる相談をするなら

新潟市肛門外科にお尻に関する相談をするなら、地域に密着したサービスに定評がある【松波クリニック】をご利用ください。電車やバスからもアクセスしやすく、駐車場を完備していますのでお車でお越しいただくこともできます。

「痔かもしれない」と不安に思う時間は、少しでも短い方がストレスになりません。新潟市で肛門外科を設ける【松波クリニック】は日帰り手術も可能なため、安心してご相談ください。はじめに丁寧な問診や検査を行い、どのような治療方法が良いのかご提案いたします。

肛門に負担をかけず排便する工夫

痔の大きな原因となっているのは排便時のいきみです。硬い便を出すために力を込めると、どうしても肛門に負担がかかってしまうため、なるべく滑りの良い状態を作るようにしましょう。

オイルを摂る

油脂類はカチカチの便を軟らかくし、出しやすくするのに役立ちます。オリーブオイルやココナッツオイル、ごま油、アマニ油、バターなど油脂類にも様々なものがありますので、普段の料理にも取り入れやすいと思います。これらは潤滑油のように働き、排便時に肛門の負担を減らしたり、腸を刺激して排便を促したりしてくれます。

オイルを塗る

排便する前にあらかじめオイルを肛門に塗り、すべりを良くしておくことも、負担や痛み軽減に役立ちます。オリーブオイルを使っても良いですが、ワセリンや馬油などでも問題ありません。出先でトイレシャワーがない時にもすぐできる対処法のため、小分けにして持っておくと安心です。お子様が排便の痛みに悩んでいる…という時にも、ぜひ一度お試しください。

新潟市の肛門外科【松波クリニック】は男性・女性・子供までどなたでも受診可能

新潟市の肛門外科【松波クリニック】は男性・女性・子供までどなたでも受診可能

新潟市の肛門外科【松波クリニック】は、気軽に通院できるような雰囲気作りを心がけています。

これまで「痔」と言うと、年配の男性がなる病気というイメージがありましたが、今では女性や子供など、痔になる性別や年齢層も大きく変化してきています。そのため、お尻に違和感がある、痛みやかゆみがある…といった症状を放置せず、ぜひ専門医へご相談ください。

お役立ちコラム

新潟市で肛門外科をお探しの方は【松波クリニック】まで

名称 松波クリニック
住所 〒951-8161 新潟市中央区関屋松波町2丁目143
TEL 025-231-2336
URL http://matsunami-clinic.com