家族を感染から守るために

感染性胃腸炎は、飛沫感染や経口感染(病原体に汚染された食品を摂取することによる感染)をはじめ、感染している人の吐瀉物からも感染します。二次感染を防ぐためにも、吐瀉物の処理方法や処理した後の注意点を押さえておきましょう。

吐瀉物の上手な処理方法とは?

吐瀉物の上手な処理方法とは?

吐瀉物を処理する際は、消毒液や使い捨てのマスク・手袋・エプロンを使用してください。

ノロウイルスなどの病原体は感染力が強く、アルコールに強い性質があります。

そのため、消毒液はアルコールよりも強い塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウムと表記されているもの)をおすすめします。

実際の処理方法は以下のとおりです。

  1. 二次感染を防ぐためにも、使い捨てのマスク・手袋・エプロンなどをしっかりと着用します。吐瀉物は、ペーパータオルなどを使って1箇所に集めてから、ビニール袋に入れて処分します。
  2. 吐瀉物が付着した場所は、消毒液を染み込ませたペーパータオルなどで、しっかりと拭きます。時間が経過し吐瀉物が乾燥すると、空気中に病原体が漂ってしまうので、素早く拭くようにしましょう。
  3. 処理後は、身につけているマスク・手袋・エプロンをはずし、ビニール袋に入れます。ビニール袋はなるべく二重にして破棄しましょう。

吐瀉物を処理した後の注意点

吐瀉物を処理した後の注意点

処理後は、他にも吐瀉物が付着しているところがないかチェックしましょう。特に嘔吐した本人の衣類には、吐瀉物が付着している可能性があります。衣類に付着している場合、捨てるのが理想的ですが、再度使用する場合は塩素系漂白剤でしっかり消毒してください。

また、手洗いも欠かさずに行いましょう。手洗いに使用する石鹸は、液体石鹸が好ましいです。病原体が大量に付着した手で固形石鹸に触れると、それが感染の元になる可能性があります。

ポンプ式の容器に入っている液体石鹸なら、都度出しきりのため危険が少なくなります。また、プラスチック製のため汚染されても簡単に消毒でき、安全に手洗いができます。

新潟市内科をお探しでしたら、新潟市中央区にある松波クリニックをご利用ください。内科をはじめ、外科や小児外科、肛門外科・肛門内科などを設けております。胃腸炎や生活習慣病、痔など、幅広く対応可能です。また、予防接種にも対応しています。新潟に在住の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

お役立ちコラム

新潟の内科を受診される際は中央区の「松波クリニック」へ

名称 松波クリニック
住所 〒951-8161 新潟市中央区関屋松波町2丁目143
TEL 025-231-2336
URL http://matsunami-clinic.com