新潟の肛門科に痔の治療や費用の相談をするなら【松波クリニック】へ~痔の入浴方法~

新潟の肛門科を利用する際に入院・治療の費用が気になるなら日帰りに対応したクリニックへ

新潟の肛門科を利用する際に入院・治療の費用が気になるなら日帰りに対応したクリニックへ

新潟肛門科を利用しての治療を受けたいものの、入院が必要になってしまったら困る、治療にはどのくらい費用がかかるのかなど、様々な疑問や疑問をお持ちになっているケースも少なくありません。

肛門科を設ける【松波クリニック】では手術が必要な場合、痔の状態にもよりますが、原則として日帰りでの手術を行っております。

お尻のトラブルでお悩みの際は、どうぞお気軽に【松波クリニック】へご相談下さい。痔、お尻の痛みに関する専門的な治療をご提供いたします。

新潟の肛門科に痔の治療や料金を相談するなら【松波クリニック】

新潟で肛門科に痔の治療、料金に関する相談をするなら【松波クリニック】をご利用下さい。肛門外科・肛門内科に力を入れており、痔でお悩みの方一人一人の状態を診療し、それぞれに合った専門的な治療を行っております。また、外科・内科・小児外科も設けておりますので、新潟で体調不良にお困りのとき、風邪、腹痛などの症状でお悩みのときもお気軽に相談下さい。土曜日は午前中の診療も受け付けております。

痔のタイプに合ったお風呂の入り方

痔のタイプに合ったお風呂の入り方

お尻を清潔に保ち、全身の血行を良くするためにはお風呂に入ることが大切です。しかし、痔の悩みを抱えていると、お風呂に入るのが不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は痔はタイプに合わせてお風呂の入り方が異なります。痔を悪化させないよう、効果的なお風呂の入り方を押さえてバスタイムを楽しみましょう。

例えばいぼ痔の場合、お湯の温度を38~40℃くらいの適温に設定し、体の芯から温める入浴が適しています。長い入浴がつらいときは半身浴がおすすめです。

きれ痔の場合は血行が良くなりすぎると患部が裂けて再び出血しやすくなるため、37~38℃程度のぬるま湯かつ長時間の入浴は避けることがポイントです。痔ろうもきれ痔同様、ぬるま湯で長時間の入浴を避ける入り方をおすすめします。

長時間の入浴によって、症状を悪化させてしまうこともあります。詳しい入浴方法は医師までご相談下さい。

お役立ちコラム

新潟で肛門科をお探しの方は、治療や費用の相談もできる【松波クリニック】

名称 松波クリニック
住所 〒951-8161 新潟市中央区関屋松波町2丁目143
TEL 025-231-2336
URL http://matsunami-clinic.com