新潟の肛門外科で痔瘻(痔ろう)・内痔核・外痔核について相談するなら~内痔核と外痔核の見分け方~

新潟の肛門外科で痔瘻の相談をするなら【松波クリニック】へ

新潟の肛門外科で痔瘻の相談をするなら【松波クリニック】へ

新潟肛門外科痔瘻の相談をしようとお考えの方は、【松波クリニック】にお任せ下さい。【松波クリニック】では、皆様にとって身近な医院を目指しております。痔でお悩みの方には専門的な治療をし、手術が必要な場合は原則として日帰り手術をいたします。

直腸癌などにお悩みの患者様や便潜血反応検査の結果が陽性だった方の大腸内視鏡検査は専門の医療機関へ紹介させていただきますので、痔でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

新潟で肛門外科をお探しなら【松波クリニック】にお任せ

新潟で肛門外科をお探しの方は、【松波クリニック】にお任せ下さい。【松波クリニック】では、肛門の機能を損なわない手術、侵襲を最小限にとどめた愛護的で痛みの少ない手術と、懇切丁寧な診療を心がけております。

痔は生活習慣と深く関連がある病気のため、日常生活や排便習慣の改善にも重点を置いております。土曜日の午前も診察いたしますので、新潟で痔にお困りの方はまずは一度、肛門外科にご来院下さい。

内痔核と外痔核の見分け方

内痔核と外痔核の見分け方

痔核とは妊娠や腹圧亢進(ふくあつこうしん)、門脈圧亢進症(もんみゃくあつこうしんしょう)などによって、直腸や肛門の静脈叢(じょうみゃくそう)が停滞してできた静脈瘤のことです。肛門管の歯状線と呼ばれる場所よりも上にあるか下にあるかで、「内痔核」と「外痔核」に分けられます。

「内痔核」は歯状線よりも内側の痛覚のない粘膜にできるため、出血はありますが初期のころはほとんど痛みを感じることはありません。そのため放置してしまう方も多いですが、悪化すると肛門の外に出てきて炎症を起こしてしまうため、早めの治療が大切です。排便の時のいきみや座りっぱなし、妊娠出産、アルコールの摂り過ぎなどが原因で起こります。

「外痔核」は、歯状線の外側にできます。排便をする時に痛みを感じ、便と一緒に少量の出血もみられます。放置すると肛門の半周がしこりとなり、痛みも激痛へと変化するため、日常の動作も困難になってしまいます。

肛門周辺に痛みがある、肛門にむずがゆさを感じるという方は、早めに病院へ行き検査をしましょう。

お役立ちコラム

新潟の肛門外科で大腸検査の専門医療機関への紹介も行う【松波クリニック】へ

名称 松波クリニック
住所 〒951-8161 新潟市中央区関屋松波町2丁目143
TEL 025-231-2336
URL http://matsunami-clinic.com