肛門外科・肛門内科へ行くまでの応急処置

ひとくちにといっても、種類や症状は様々です。お尻に突然の痛み・出血・痒みを感じた場合は、自分でできる対処法を知っておくと役立ちます。病院に行くまでの応急処置として、いくつかポイントを押さえておきましょう。新潟肛門外科・肛門内科をお探しでしたら、松波クリニックへお越しください。親切・丁寧な診療を心掛けております。

痛みがある場合

痛みがある場合

痔が痛いからと体に力が入ったままですと、肛門にも力が入り、痛みを悪化させてしまう可能性があります。突然の痛みに襲われた際はすぐに楽な体勢をとり、布団の上で軽く膝を曲げる、または横向きに寝てリラックスしましょう。

いぼ痔・きれ痔の場合は、お尻を温めると良いです。浴槽にぬるま湯を張り、ゆっくり浸かってください。湯船に浸かれない程痛みが強い場合は、温めた濡れタオルを患部に当てると和らぎます。外出先で痛み出した際は、下着の上から使い捨てカイロを当てる方法がおすすめです。

肛門周辺が熱を持っている、赤く腫れているなどの場合は、冷やすようにしてください。痔ろう・肛門周囲膿瘍の可能性があります。

出血がある場合

出血の仕方は、痔の種類や進行度合いによって異なります。突然の出血がみられた場合は、痛みがある時と同様に横なり安静にしておきましょう。また、肛門部はティッシュやコットンなど柔らかい素材で軽く押さえ、出血が止まったら入浴し、清潔にしておくと良いです。ただし、便に黒ずんだ血または鮮血が混ざっていた場合は、休診日でない限りすぐに肛門外科・肛門内科を受診してください。

痒みがある場合

痒みがある場合

痒みの種類によって対処法が違います。カサカサした痒みを招く場合、その多くが温水便座によるお尻の洗いすぎが原因です。ジトジトした痒みは、便の拭き残しによる炎症が考えられます。

応急処置としては、両者共にお尻を丁寧に拭き、痒み止めやデリケート部専用の軟膏などを塗っておくと良いです。

肛門外科・肛門内科をお探しでしたら、新潟市中央区にある松波クリニックをご利用ください。お尻のトラブルは、後回しにすると重症化する可能性もあります。松波クリニックでは、日帰り手術や痛みの少ない手術などにも力を入れています。新潟市で肛門外科をお探しの方、痔に関する症状でお悩みの方は、ぜひ松波クリニックにご相談ください。

お役立ちコラム

新潟の肛門外科は「松波クリニック」

名称 松波クリニック
住所 〒951-8161 新潟市中央区関屋松波町2丁目143
TEL 025-231-2336
URL http://matsunami-clinic.com